ペリカンペリカン
1832年、ドイツ・ハノーバー家の宮廷画家を父にもつ化学者カーネル・ホーフマンが、 ハノーバー・シュタインフーデ湖の工房で、独自の製造法により絵の具の生産を開始したのがペリカンの始まりです。日本でも数多くの文豪や文化人がペリカンの品質の高さを認め愛用しています。