ウォーターマンウォーターマン
保険の外交員をしていたルイス・エドソンウォーターマンは、ある大口契約の書類にサインする際、契約書にインク漏れによる染みを作ってしまい、ライバル会社に契約をとられてしまう。この悔しい経験がウォーターマンに万年筆を開発させた