入荷情報をいち早くお知らせ!新入荷・再入荷BLOG

カテゴリー

セキュリティの最近のブログ記事

【Internet Explorer 6.xの場合】
※他のブラウザのSSLの設定方法は、ブラウザの「ヘルプ」などをご参照ください。

1.ブラウザのメニューから「ツール」→「インターネットオプション」をクリックする。
2.〔コンテンツ〕タブを選択し、〔証明書〕欄内の〔証明書〕をクリックする。
3.〔信頼されたルート証明期間〕タブを選択し、発行先が[GTE CyberTrust Global Root]を選択した状態で、[表示]をクリックする。
4. [証明]タブを選択し、[拡張キー使用法(プロパティ)]を選択した状態で、[プロパティ編集]をクリックする。
5.[全般]タブを選択し、[証明書の目的]欄内の[次の目的だけを有効にする]にチェックが入り、[サーバー認証]にチェックが入っているかを確認する。

SSLの設定方法について教えてください。

【Internet Explorer 6.xの場合】
※他のブラウザのSSLの設定方法は、ブラウザの「ヘルプ」などをご参照ください。

1.ブラウザのメニューから「ツール」→「インターネットオプション」をクリックする。
2.「詳細設定」を選択する。
3.〔セキュリティ〕項目の〔SSL2.0(3.0)を使用する〕という項目にチェックを入れる。

クレジットカード情報の入力画面・支払い方法選択・注文確認画面など、個人情報が関わる画面にはSSL設定が施されています。
上記ページに入ってもカギマークが表示されない場合は、下記手順をご確認ください。

1.ページの空白部分で右クリックし、「プロパティ」を表示する。
2.アドレスが「http://」ではなく、「https://」から始まっているか確認する。
3.「https://」から始まっていれば、「SSL」で情報は暗号化されています。

NOMADO1230では、お客様が安全にご利用いただけるよう、プライバシーの保護や、セキュリティ対策に「SSL」を用いた暗号化を施し、通信の秘匿性を高めています。
クレジットカード情報の入力画面・支払い方法選択・注文確認画面などに「SSL」での暗号化を採用しています。

SSLとは、SecureSocketsLayer(セキュア・ソケット・レイヤー)の略で、暗号化された秘匿性の高い通信を提供します。お客様のブラウザから送信された情報(eメールアドレス/パスワード/お客様の個人情報など)や、該当ページから返信された情報を暗号化する技術です。
SSLで暗号化して送信するときはブラウザの下隅にこのようなマークが現れます。

【Internet Explorer の場合】

ご使用のブラウザでページが開けない場合は、以下の点をご確認ください。

ご使用のブラウザはSSL対応ですか?

まず、ご使用のブラウザがSSLに対応していることが必要です。NOMADO1230では、推奨ブラウザを選定しております。その他のブラウザでは画面が正しく表示されない、正しく動作しないなどの問題が生じる場合があります。
お手数ですが推奨ブラウザをご利用ください。それ以外のブラウザをご使用の場合は、SSLへの対応をご確認ください。

ご使用のブラウザの設定でSSLを有効にしてありますか?

ご使用のブラウザの詳細設定にSSLに関する項目があります。初期設定ではSSLは有効になっておりますが、有効になっていなければ該当ページには接続できません。 ケーブルTVやLANを用いて接続されている場合は、SSL128bitに対応しているか(ネットワーク管理者に)ご確認ください。

ページの上へ戻る